CoderDojo伊勢 支援のお願い

CoderDojoでは、すべての子どもたちへ平等に「プログラミングに挑戦する機会」を与えることを活動の目的の一つとしています。

そのため、参加者から会費を徴収しておりません。

これは世界中のCoderDojoすべて共通の運営です。

 

(1) 寄付をする

現在、プロジェクタの購入をしたいため、寄付を募集しています。

 

※中古品の提供をしていただける方も募集しています。coderdojo.ise@gmail.comまでご連絡をお願いいたします。

 

CoderDojo伊勢では、運営に必要な費用はすべて寄付、公的な助成金によってまかなっています。運営にあたり、以下のような費用が必要です。

・会場 

・機材 

・広報 (特に"ボランティアスタッフ募集"に関するもの)

・通信費(切手)

・都度必要な費用 (印刷物、保険加入、会場でのWifi使用料…など)

 

 

 

会場によっては、プロジェクタを貸し出してくれるところもありますが、1台しか借りられない、駐車場が少ない等の問題を抱えています。

プロジェクタがあれば、駐車場の多い別の会場を候補に入れることができます。

また、将来子どもたちのやりたいこと(初心者/プロと同等の環境/電子工作…など)に分けた指南をするにあたり、部屋や会場を分けて説明をする必要があります。その際、複数台のプロジェクタが必要となります。

 

プロジェクタは備品という扱いとなり、助成金で購入することができません。

 

本活動にご理解、ご支援いただける方の寄付によって購入したいと思っております。

 

CoderDojo伊勢の取り組み・趣旨をご理解いただき、ご支援していただける企業様、個人様の寄付を募集しております。

 

←赤丸部分…バナー掲載の例

ご寄付いただきました企業様、商店様につきましては、寄付の謝礼といたしまして当サイトの全ページでバナー掲載、およびFacebook、Twitterで紹介といった形で宣伝(PR)をさせていただくことができます。ご希望があれば、CoderDojo伊勢の会場でチラシ配布をさせていただくことも可能です。

 

ぜひ、ご寄付のご検討をいただき、coderdojo.ise@gmail.comまでご連絡をいただきたくよろしくお願いいたします。

(2)メンターとして協力する

CoderDojo伊勢では、子ども達のサポートをしていただける方を募集しています。メンターになるためにプログラミング経験は必須ではありません。子ども達と一緒に活動することが好きな方であればどんな方でもメンターとして参加していただけます。

 

もし、プログラミングに関してわからないことがあっても、現役のエンジニアのメンターさんもいらっしゃいますので、他のメンターさんにフォローしてもらえます。

 

今後の活動に対してやる気のある方でしたら、当方で無料でプログラミングのやり方を指南いたします。

 

「2020年に小学校でプログラミングが導入されるようなので、先駆けて覚えたい」という教員志望or現役の教育関係の方、「自分の子どもに指導するため、Scratchの使い方やプログラミングを覚えたい」という親御さんの参加も大歓迎です。

 

メンターとしての参加を希望していただける方は、こちらのフォームよりご連絡をお願いします。折り返し、CoderDojoのご説明をさせていただきます。

ご参加をお待ちしています。

(3)告知に協力する

1人でも多くの方に、「プログラミングに挑戦できる環境」が伊勢市にあるよ、ということを伝えるため、CoderDojo伊勢の開催情報、Facebookの記事などを広めていただけると嬉しいです。

例えば以下の手段で広めていただけるとありがたいです。

・Facebookページ(https://www.facebook.com/coderdojo.ise/)へのいいね、シェア

・Twitter(https://twitter.com/coderdojo_ise)へのいいね、RT

・口コミでの紹介など